バンドネオン奏者・仁詩(ひとし)さんのレコーディングセッション動画を公開!

バンドネオン奏者・仁詩(ひとし)さんの最新アルバム「Mysterious Journey」より、レコーディングの様子を撮影したレコーディングセッション動画を4曲まとめて公開しました!

今回のアルバムは、白金ピアノスタジオでレコーディングを行ってくださったので、私自身がレコーディングエンジニアとして関わらせていただきました。レコーディング当日に撮影した映像をご紹介しながら、レコーディングを振り返ってみたいと思います。

アルバム1曲目を飾る「ハレのまにまに」

早速映像をご紹介します。アルバムのオープニングを飾る、仁詩さんのオリジナル曲「ハレのまにまに」。

今回のアルバムは1曲を除いてすべて仁詩さんが描き下ろしたオリジナルで構成されています。バンドネオンという楽器はタンゴの伴奏楽器というイメージが強いですが、その域にとどまらず、ジャンルを超えた活動をしているのが仁詩さんの魅力。

「ハレのまにまに」は、まさに冒険の始まりというか、旅の門出に祝福の光が射すようなような清々しい1曲。ピアノ伴奏はアルバム通して、ピアニスト須藤信一郎さんが務めます。

演奏者の真価が問われる「一発録り」レコーディングの魅力

今回のレコーディングは、バンドネオンとピアノが同じ空間で、お互いの音を生で聞きながら一緒に演奏する「一発録り」という手法で行われました。

レコーディング中の仁詩さん

「一発録り」は最も原始的な録音方法で、相手の息づかいを感じながら生き生きとした演奏を収録出来るのが特徴ですが、お互いのマイクにお互いの音が“かぶって”入ってしまうので、パンチインと呼ばれる部分的な修正が一切できず演奏力が問われます。

ピアノ演奏は須藤信一郎さん

それは録音をする私にとってもやり直しの効かない一発勝負。

本日紹介する4本のレコーディングセッション動画は、世の中にあまたある、後から当て振りをして撮影したミュージックビデオではなく、アルバムに収録しているテイクを演奏したときの映像そのままで、一切編集なしの撮って出し映像です。

白金ピアノスタジオの録音ブースの様子

>手ぶらで行ってピアノ演奏のハイクオリティ動画が撮れる

手ぶらで行ってピアノ演奏のハイクオリティ動画が撮れる

東京・港区白金の緑豊かな住宅街にある白金(しろかね)ピアノスタジオは、ピアノ演奏の撮影と録音に特化した音楽スタジオです。 セミ・コンサート・グランド・ピアノYAMAHA C7と、AVID Pro Tools | Ultimateを中心としたプロスタジオ用録音機材、撮影用の映像機器を常設し、高品質な動画撮影および音楽レコーディングを行うことができます。

CTR IMG